スポンサードリンク




原付免許の取り方について


原付免許の取り方について書きます。

原付免許で乗ることができるのは、50CC以下のバイクなんです。

特に原付免許を取らなくても、普通免許を持っている人は原付に乗ることができます。

ただし、原付免許は16歳から取れるので、普通免許の18歳を待たずして取得できるわけです。

さらに大きなバイクに乗りたいのなら、普通二輪免許になりますが、
これも16歳から取得可能です。

125CC以下の普通二輪免許小型限定もありますが、
通常だと、400CC以下のバイクなんかがそうですね。

その上に、大型二輪免許もあるわけですが、こちらは18歳からになります。

あ、今回は、原付免許の取り方の話でしたね。

取得するには、各地区の運転免許センターに行きます。

学科試験と原付講習を受けることになります。

それまでに、勉強したり、原付講習の予約をするわけですね。

原付免許の取り方ということなので、
受験に必用なものについて、まずは説明しましょう。

受験に必用なのは、

・住民票の写し
・運転免許申請書
・受験票
・筆記用具

こんなかんじです。

費用などは、通常試験手数料として、1500円。

そして、交付手数料として、2050円。

原付練習手数料として、4200円です。

こちらは標準額なので、必ずしもということではありません。

ちなみに、視力は両眼で0.5以上必要です。

原付免許の取り方を簡単に書きました。

スムーズに原付免許を取得できるといいですね。
セントラル短資FX評判
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。