スポンサードリンク




原付免許の費用について


原付免許の費用について書きます。

原付免許の費用は、決まっているわけではないので、
ここでは政令で定める標準額を書きたいと思いますね。

試験手数料が1500円。

交付手数料が2050円。

そして、原府講習手数料が4200円です。

これが高いのか低いのかはそれぞれの判断ですが、
普通免許をもっていれば、原付免許も取得したことになるわけなので、
普通免許証を取れる年齢なのであれば、普通免許証を取った方がお得ですね。

原付免許は、16歳、17歳の方が取る場合が多い免許かもしれません。

原付免許の費用ということですが、試験を受けに行く時に必用なのは、
お金だけではありません。

忘れないように、ここに書いておきますね。

●本籍記載の住民票(写し)
●本人確認のための身分証明書
●受験票
●印鑑
●筆記具(鉛筆、消しゴムなど)

身分証明書というのは、学生証や社員証、被保険者書などですね。

まぁ、住民票が身分証明書になりますね。

また、写真が必要です。

なければ、試験場で顔写真を写すことになります。

大きさは、縦3cm、横2.4cmです。

これは、原付免許証に使うものですね。

原付免許の費用が足りないと、免許証が作れないので、
間違えないようにして下さいね。
セントラル短資FX評判
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。