スポンサードリンク




原付免許の料金の話


原付免許の料金については他の記事でも書きましたが、
もう1度書いておきたいと思います。

原付免許の料金について分かるのは、
政令で定められた標準額です。

というわけなので、決められているわけではなさそうですね。

とりあえず、これくらい持っていけばいいという目安にして下さい。

●試験手数料が1500円。
●交付手数料が2050円。
●原府講習手数料が4200円。

合計で、7450円です。

目安なので、確かなことは、各都道府県公安委員会や
運転免許試験場などに確認をとってみて下さい。

原付免許は、16歳から取得できます。

なので、まだ普通免許が取れない年代の方から人気のある免許でしょう。

何しろ、普通免許を取得すれば、原付にも乗れるのですから、
18歳以上なら、普通免許と取得した方が賢いと射得ます。

試験に必用なのは、原付免許の料金だけではありません。

住民票の写し、身分証明書、顔写真、筆記用具、印鑑、メガネ、
運転免許申請書、受験票などが必要です。

この中の、運転免許申請書、受験票は試験場にありますし、
写真も試験場で撮影できます。

こういった条件が揃っていないと免許申請手続きができないので注意して下さいね。

免許取得までの流れとしては、

適正試験→学科試験→原付講習

こんなかんじです。

ひとつひとつクリアして、原付免許交付を目指しましょう。

原付免許の料金は忘れないで下さいね^^
セントラル短資FX評判
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。