スポンサードリンク




原付免許のテストについて


原付免許のテストについて書きます。

原付免許のテストというのは試験のことかと思うのですが、
当日の流れとして、

適正試験

学科試験

原付講習

といった流れになります。

まずは適正試験ですが、これは身体検査のようなものです。

重要なのは、まず視力検査。

視力が、眼鏡やコンタクトレンズを着用して0.5以下なら、
原付免許は取れないので注意してください。

その他に、色彩識別検査、運動能力検査、聴力検査などがあります。

これらをクリアしたら、次は学科テストです。

これは事前に勉強しておかないと、受かるのは難しいです。

原付免許テスト用の問題集が売っているので、購入するといいです。

30分間で、文章問題・46問+イラスト問題・2問を90%以上正解しないと不合格です。

料金を無駄にしないためにも、いい加減な勉強はできませんね。

原付免許のテスト問題はいくつか掲載するので参考にして下さい。


問題@
交通事故の怪我はたとえ軽いと思っても、
必ず警察官に届け、医師の診断を受けたほうがいい。

回答@
正解は、○です。
あとになって、後遺症が起きることがあります。

問題A
原動付自転車は、強制保険のほかに、任意保険にも加入していなければ運転できない。

回答A
正解は、×です。
ただし、できるだけ加入した方がいいです。

問題B
原動付自転車は、前方の信号が赤であっても、
同時に右向きの黄色の矢印が表示されたときは、
矢印の方向に進むことができる。

回答B
正解は、×です。
黄色の灯火の矢印信号は路面電車に対するものです。

原付免許の学科テストについてはこの辺にしておきましょう。

これに合格すれば、あとは原付講習です。

ここまで気持ちよく進むためにも、原付免許の学科テストはクリアしたいものですね。
セントラル短資FX評判
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。